人事・給与・社会保険

社員の採用にあたって注意すべき事項(残業代)

残業代の支給が必要な場合

①1日8時間、週40時間を超える時間外労働→割増賃金(25%)

②夜10時~朝5時までの深夜労働→割増賃金(25%)

③週1日(または4週間に4回)付与される法定休日の労働⇒割増賃金(35%)

見做し残業(固定残業制度)

営業職のように外回り中心で会社が労働時間を把握することが困難な労働者等については、実際の労働時間に関わらず一定の時間働いたものと見做して賃金を支払うことができます。

会社は一定の残業代は織り込み済みとして賃金を固定化できるメリット、労働者にとっても残業時間が少なくても一定の残業代が受け取れるメリットがあります。

裁判上も労働基準法を満たした就業規則に基づいて見做し残業代を払っている場合は定額で問題ないという判例もありますが、実際の残業時間が定額で定めた残業時間を超えている場合には適切に支払われる必要があります。

-人事・給与・社会保険

Copyright© 扇澤公認会計士・税理士事務所 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.