人事・給与・社会保険 全般

アルバイト・業務委託者の性質・税金・社会保険について

アルバイトと業務委託者の違い

アルバイト

  • 雇用契約に基づく
  • 会社は業務上の指示・命令可能
  • 労働時間を指定し、労働時間に対して報酬を支払う
  • 労災保険は全員加入が義務付け・給付対象(アルバイトごとに加入手続きがあるわけではない)
  • 雇用保険の対象となる(31日以上の雇用見込みがあり、週の労働時間が20時間超の労働者は雇用保険に加入させる義務あり)
  • 社会保険の対象となる
    • 従業員が5人未満の個人事業主の場合は任意
    • 法人又は従業員が5人以上の個人事業主の場合は強制適用事業所
      • (強制)1週の所定労働時間及び1ヶ月の所定労働日数が正社員の4分の3以上
      • (強制)常時雇用
      • (加入できない)日雇い・2ヶ月以内のアルバイトなど
    • 常時501人以上の特定適用事業所
      • (強制)1週の所定労働時間が20時間以上、1年以上の雇用期間が見込まれ、月額賃金8.8万以上で学生でない
  • 源泉税:
    • 2ヶ月以内の短期アルバイトの場合⇒日額表丙欄(日額9,300円までは源泉税ゼロ)
    • 2ヶ月超、扶養控除等申告書提出していない場合⇒乙欄(社会保険控除後の給与等の3.063%)
    • 2ヶ月超、扶養控除等申告書提出している場合⇒月額表甲欄

業務委託(委任・請負)

  • 業務委託契約に基づく
  • 会社は業務上の指示・命令は不可(派遣契約との違い。指揮命令権を行使すると、労働者派遣法違反、偽装請負のリスク)
  • 報酬は結果に対して支払われる
  • 労働基準法等の保護を受けない
  • 社会保険の対象とならない
  • 消費税の課税対象となる
  • 所得税法204条1項に限定列挙された業務については、源泉徴収義務がある(10.21%)

 請負と(準)委任の違い

業務委託契約には、請負契約と(準)委任契約があります。

請負契約

  • 業務の完遂を前提とする
    • 請負人は瑕疵担保責任を負う
    • 仕事が完成していなければ報酬の支払い義務はない
  • 契約書に収入印紙を添付する必要
  • (例)建物建設工事請負契約・クリーニング

(準)委任契約

  • 業務の完遂を前提とせず、依頼された仕事を一生懸命やる。
  • 善管注意義務を果たして法律行為、事務作業を処理する。
  • 契約書に収入印紙を添付する必要が原則ない
  • (例)医師の診察・弁護士業務

-人事・給与・社会保険, 全般

Copyright© 扇澤公認会計士・税理士事務所 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.